スタッフブログ

鳩にも人にもやさしく、しかも効果テキメンな鳩対策方法を鳩被害状況に合わせてご提案いたします。

難所作業について

日本鳩対策センターの神長です。

本日はロープ施工について話をお届けします。

都内でよく見られる「ドバト」ですが、元々は外来種で、伝承鳩やレース鳩で持ち込まれたものが野生化し、繁殖したものが現在のドバトになります。

元々岩場に生息していた習性があるので、四方囲まれた場所を住処として好む傾向があります。

そのため、鳩の被害箇所が高所であったり、人間の手が届かない場所に営巣しているケースが多いのです。

よって、被害箇所の施工をする場合、足場を組まないと出来ないケースや(足場を組むと高額になる)、そもそも足場が組めず、施工が不可能と判断してしまう事が多いのが実情です。

しかし、我々の施工部隊は、高度なロープ技術を持っています。

4

こんな場所もロープを使って施工ができるのです。

1

 

「他社では施工が出来ないと断られた」

「足場が高額な為、予算に合わず諦めていた」

そんなお客様が今まで多数いらっしゃいましたが、弊社のロープ作業で施工し、これまでに多数のお喜びの声を頂いております。

 

もし難所作業で諦めている方や、高額足場で悩んでいるお客様がいらっしゃいましたら、是非弊社にお問合せください!

高度な施工技術で、鳥害のお悩みを解決いたします!

2018.01.12 施工