鳥害対策

施工完了

埼玉県さいたま市 某会館屋上に鳩が飛来・待機していたので、屋上パラペットにピーコン電気ショックを設置して鳩の飛来・待機を抑制しました

施工加盟店
施工方法
施工施設
施工場所
お悩み
被害レベル

お客様のお悩み・ご依頼(施工前)

屋上に鳩が飛来・待機し、糞を落として下の路上や駐輪場などに被害を及ぼしていましたので、屋上のパラペット部にピーコン電気ショックの通電部を設置して鳩の飛来・待機を抑制しました。また、駐輪場の屋根を清掃・洗浄し、消毒作業も実施しました。

屋上のパラペット上にピーコン電気ショックの通電部を設置します。

段の下った所のパラペットにも通電部を設置します。

段の下った所のパラペットにも通電部を設置します。

駐輪場の屋根を清掃・洗浄・消毒します。

鳩対策工事実施(施工中)

通電線(鋼線)を固定するための碍子を貼っていきます。

碍子に通電線を通して設置していきます。

この位置にはロープ降下で安全に考慮して作業を行います。

電気ショック本体を設置しているところです。電源はソーラーパネルを設置して電力を賄うので、メンテナンスがほとんど必要ありません

脚立を使って駐輪場の屋根上を清掃・洗浄・消毒を行います。

対策内容の紹介(施工後)

施工が完了しました。鳥害でお困りの方は一度当社までお気軽にご相談ください。

ピーコン電気ショックの設置が完了しました。

通電部は全て結線されており、電気ショック本体1台で電力を賄うことができます。

通電部は全て結線されております。

電気ショック本体の設置個所です。電源はソーラーでソーラーパネルは太陽光の当たる箇所に設置してあります。

駐輪場の屋根もきれいになりました。