鳥害対策

施工完了

群馬県太田市 某新築家屋のソーラーパネルと屋根間の隙間をピーコンネット15で塞ぎ、鳥の待機・営巣を防御します

施工加盟店
施工方法
施工施設
施工場所
お悩み
被害レベル

お客様のお悩み・ご依頼(施工前)

新築住宅のソーラーパネルと屋根との隙間に鳥が入り込み営巣できないよう予防策として、ソーラーパネルと屋根との隙間をピーコンネット15で塞ぎます

ソーラーパネルと屋根の隙 間に鳥が入り込み営巣しない ようピーコンネット15で塞 いでいきます。

パネルとパネルとの隙間にもネット を設置します。

折半型の屋根のソーラーパネル部にも同様にネット施工します。

鳩対策工事実施(施工中)

ピーコンネット15を固定する位置にネット固定具のピッタンコを貼っていきます。

ネットをピッタンコに掛け て、その上でインシュロックで固定していきます。

折半屋根の端とソーラーパネルの隙間を塞いでいます。

パネル間をネットで塞いでいます。

対策内容の紹介(施工後)

施工が完了しました。鳥害でお困りの方は一度当社までお気軽にご相談ください。

ピーコンネットの施工が完了しました。鳥がパネル下に侵入するこ とはございません。

パネル間もネットで塞いでいるので、鳥が侵入するこ とはございません。

折半屋根上のパネル間にもネットを張っ ているので、鳥が入り込む余 地がありません。

折半屋根の形状に合わせて ネットを張っていますので、 鳥の侵入する余地がありません。